FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大谷契約金は2億6620万円 AP通信報じる

大谷契約金は2億6620万円 AP通信報じる

こういうことを書くと多分叩かれちゃうんだと思うけど、わらしは、大谷選手を評価していません。

確かに素材は、凄いと思う。能力も間違いない、一流の選手だと思う。
周りが評価しているのも、知っているし、そうなんだろうと思う。
二刀流凄いですよね。

でも、わらしは彼を評価していません。
大谷選手は、超一流の選手の能力を有した逸材だと思います、だから、大谷選手を評価している皆さんにわらしは、疑問を抱くのです。

この度、大谷選手は、高評価を得てメジャーへの移籍を決めましたね。
メジャーでも、二刀流を続けるのだそうです。

その大谷選手の日本での成績を皆さんきちんとご存知でしょうか?

在籍五年で42勝です。もちろん、今年は怪我があったし、最初の一年目ルーキーでした。
実質年間、活動していたのは、3年と言うことでしょうか。36勝ですから、平均12勝ですね。うち一年で15勝上げている年もあるのですが、3年間二けた勝利を続けてはいます。
ですが、二けたの前半の勝ち星しか上げていません。

ちなみに打者成績としては、通算打率は2割8分です。

打者として、投手として、年間二けた勝利、2割後半の打率は、投手として及第点、打者として及第点は与えられるでしょうけども、それが看板選手になるかと言えばどうでしょうか?
一軍としては合格点でしょうけど、高評価の選手としては、どうでしょうか?

確かに大谷投手の場合、防御率は、2点台とその能力の高さを窺わせています。ある年には、1点台の年もありました。
結果として、怪我になくことになります。

打率は上昇していて、3割を超えてきてはいるんです、ホームランも増えてきましたが、今年は怪我に苦しみました。
二刀流を続ける限り、怪我は、付き纏うでしょう。

それと多くの選手が、二刀流をしてこなかったのはなぜか?
それがそれだけ困難だからでしょう。

プロ野球選手の多くは、高校時代、エースで4番とか、多いんですよ。それでも、投手一本や高校では投手だったけど、プロでは野手って選手がほとんどなんですよね。

メジャーで活躍中のイチローだって高校時代は、投手でしたしね。

プロと言うのは、大変な世界です。多くの逸材が集う世界です。
その逸材たちが、それぞれに専念するのですから、プロはすごいわけです。

大谷選手がどれだけ凄い逸材であろうと、一つだけ、平等なものがあります。

時間です。

もちろん、才能で習得する時間を短縮できたりして時間をより有効に使うことはできるでしょう。

しかし、同じプロの世界です。
一日只管打撃に費やす人、投球に費やす人と、打撃投球にと時間を割かねばならない人とでは、その結果に差が出てしまうのではないでしょうか。

例えば、投手一本でやっていたら、年間10勝でなんて終わらなかったのではないか?
打者であれば、3割30本、それは当たり前に取れたのではないでしょうか?

その逸材が、平均的なプロ選手の成績で、評価されていることに、違和感を覚えるばかりです。

二刀流、それは、魅惑な言葉かもしれませんが、超一流になれた選手が、平凡な選手で終わってしまったら残念でなりません。
そして、怪我で選手生命が、短くなったら…そうならなければ良いんですけどね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター
プロフィール

tricknote

Author:tricknote
FC2ブログへようこそ!

窓口
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
FC2ブックマーク
blogram
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

内緒
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。