スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そこに未来はあるのか?

維新敗北 松井氏「負けは負け」でも都構想推進「捨て身でやる」

堺市長選で始めて、大阪維新の会が、大阪というお膝元で敗北しましたね。
まぁ、もともと、堺という土地柄、あそこは、昔から独立独歩の精神の強いとこでしたからね。都構想で堺が無くなるとという不安が先行しての大敗でしょうか。

さて個人的に、大阪都構想に堺市が参加したとして、確かに都構想に加わるわけですから、加われば、堺市という区分はなくなるのは事実なんでしょうけど、だからと言って、堺という行政区分がなくなったのかというと、甚だ疑問です。
つまり、現状だって堺市は、政令指定都市として、区割りされている訳です。
その区割りが、変更されるだけの話でそれこそ、大阪都堺区なんてことになるだけの話だったんじゃないでしょうか?
と言うか、地理的にも、大和川で分断されている以上、現堺市で区分けされるのが、現実的だと思うわけです。

それを今回の勝者である現職の市長は、堺がさも、無くなるという不安感を煽ることで、支持を確立していったとしか思えません。
まぁ政令指定都市で無くなることの不利益感も煽りましたね。

さて、疑問ですが、ここ数年、現職である竹山市政なんですが、堺市政は、停滞というか、ほとんど堺市としての発展をしていないとわらしなんかは見ております。
と言うか、堺市でいい話なんて、大阪にいてとんと聞かないんですけど。
実際、市の玄関口である堺東駅とか、寂れている感が凄いですよ。

しかし、現職の竹山市長のビジョンといえば、何ら目新しいものはなく、府や国から新たな権利譲渡してもらい、それで発展させる……

それって、大阪都構想と何か違うんでしょうか?

ああ、竹山市長の言い分では、都構想に参加した場合、現在の大阪市の方に予算が割かれて、現在の堺市は、置いて置かれるというようなことを言ってましたね。
ってそれこそ、絵にかいた餅です。
都構想に参画した場合、予算の配分に関しては、都民として、区民として、発言していけば良いわけです。

むしろ、参加しなかった場合、堺市は、政令指定都市として、独自に行う必要がありますが、都構想に参加する大阪市は、都と連携し広域行政と地域行政を連動させることがよりスムーズに行える可能性があります。
特に二重行政が解消され、区行政は、より地元密着型で行政サービスが行なえる可能性もあるわけです。
と言うか、大きなことは、都に丸投げもできるわけですからね。

まぁ都構想が、どうなるかは、まだまだ、話し合って行く余地があるというか、まだまだ議論の中なので、批判するよりは、より良い形になるように話し合うほうが、良いとは思うわけですけどね。

さてさて、都構想云々よりも、問題なのは、再選した竹山市長に堺市を発展させる明確なビジョンがあるのかどうかってことの方が、問題やと思うんですけどね。
あるんでしょうかね?
あるとして、じゃあなんで堺市は、今ひとつ活気がないんでしょうか?
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

tricknote

Author:tricknote
FC2ブログへようこそ!

窓口
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
FC2ブックマーク
blogram
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

内緒
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。