FC2ブログ

綺麗事しか言わない

野田首相、比較第1党が勝敗ライン=「古い政治」自民と対決姿勢―衆院解散

なんだろう、物凄く立派な物言いでしたね。

さて、どうなんだろう。
本当に当初からの既定路線だったのかということです。
もちろん、解散ありきであったわけですが、本当に最初からこの時期にする予定であったかは、疑問が残ります。

結局は、今せざるをえなくなったのが、現実だと思います。

要は、今やらないと解散すらできない、つまりは、自分の立場そのものを失って惨めに落ちることになりかねなかったわけです。

結局は、総理が総理として選択をできるギリギリのタイミングだったのではないでしょうか?

何せ、民主党内では、野田総理下ろし論が、急浮上していたわけですから、今やらないと足を引っ張られたのは確実でしょうね。

そう言う意味では、国民への約束として解散をしたのではなく、自らの起死回生のために解散するのでしょう。

あと答弁の中で、自らの民主党こそが、改革の党と述べられておりますが、実際のところ、政権交代を果たした役割がどれほどだったのか疑問です。
もちろん意味はあったでしょうけども、だからといって、次の選挙でのその役割を担えるかというと疑問は尽きません。

スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

コメント

おもしろい!

音楽家の惠藤憲二と申します
日記いいですね

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

tricknote

Author:tricknote
FC2ブログへようこそ!

窓口
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
FC2ブックマーク
blogram
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

内緒