スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ避けられない

広島・11歳娘暴行死事件 逮捕の母親、ゴルフクラブで娘を殴打

なぜこんな痛ましい事件が、続くのでしょうか?

虐めもそうですが、児童虐待だって未だ無くならない問題の一つです。

なんでしょうか、躾として子供に暴力を振るったですか。
はっきり言って、これは躾などではなく暴力です。
確かに子供に躾として、手を出すなとは言いません。が、少なくとも、ゴルフクラブで殴ることを躾だとは言いません。
明白な、暴行ですし、この事件のように死にも直結する凶器です。

そんなことも判らないんでしょうか。
判らないから起こったんでしょうけどね。

で、想像するに何故クラブだったんでしょうか。簡単ですよ。頻繁に子供に手を出していたからでしょう、そして、何より、素手で叩くのが自分の手が痛いから、物を持つようになったんでしょう、そして、殴り易いからクラブを持ち出したんでしょう。

アホですか。

昨今、子供同士のイジメが、度を越している原因の一つが、相手の痛みが判らないからだと思うわけです。
小さい頃に喧嘩などをしていれば、また、親に手を上げられて叩かれていれば、そうやって痛みに触れる機会があります。
何よりも、子供同士の喧嘩は、大きいと思うわけです。
子供同士であれば、殴り合いになっても、大きなケガになる可能性は低く、また、大きな揉め事になる前に大人が介入して止め易いわけです。
小さい頃の喧嘩は、ここまでやったら怪我をする、ここまでは大丈夫という、一線を学習する機会だと思います。
もちろん、子供同士だって、怪我はします。殴りあえば、鼻血や唇を切ったりもするでしょう。
でも、決定的な致命的な事態になる前に大人が止めることができると思うんです。
これが大人になってからだとどうでしょうか?
単なる殴り合いでも、止めるのは至難の業ですし、力の加減が判らない者同士なら、致命的な怪我にも繋がるでしょうし、凶器を持ち出せば、大怪我にも繋がるでしょう。
ある程度、知恵が、働くようになれば、凶器を持ち出す可能性も高いわけです。
だからこそ、子供時代に喧嘩を経験しているかどうかは、大きい気がするんですけどね。

さて話を戻します。
躾の話ですが、躾として手を出すというのであれば、それは、素手で行うべきです。
わらしの子供の時代といえば、教師の体罰は日常茶飯事でした。
その多くは、拳骨です。
もちろん、度を越した際には、ケツバットという、バットでお尻を叩くというのもありましたが。
素手でした。

知ってますか?
素手で人を殴るというのがどういうことか?

手で相手を殴ると殴られた方は当然痛いですが、殴った方だって痛いんですよ。
殴る側も痛みを感じるからこそ、躾なのだと思うんですけどね。
何よりも、自分が痛みを感じるからこそ、相手に気持ちが通じるのだと思うし、そして、自分が痛いからこそ、限度を弁えて叩けるのではないでしょうか。

このお母さんは、自分の手が痛くなるほど子を叩いている時点でクラブなどを持ち出す前に自分の行いを振り返って見るべきだったんじゃないでしょうか。

しかし、この子供、何度も児童相談所に預けられてるんですよ。
絶対に避けられた事件だと思います。

児童相談所の人も頑張っていたとは思いますが、あまりにも悔やまれます。
もっともっと介入して欲しかったし、ケアをするべきだったんじゃないでしょうか。




でもなんでしょうか?
今考えるべきは、親になるのも、資格がいる時代になっちゃったのかもしれませんね。
それくらい、お子様な人間ばかりになっているような気がします。
ま、わらしが言うなと言われてしまいそうですけどね。いやだから、おいら、独身なんじゃん(´;ω;`)
スポンサーサイト

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

tricknote

Author:tricknote
FC2ブログへようこそ!

窓口
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
FC2ブックマーク
blogram
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

内緒
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。