FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DEAD or ALIVE 5

格ゲーヘタ人間の数少ないクリアできるゲームその二であるDOAシリーズの最新作です。

発売日に買いに行くも、閉店間際の某店には、店頭在庫なしってなんだってッて感じで買い逃した後に翌日他店であっさり買ったのは内緒です。
つうかあれは絶対店員のサボりだと思うんですけどね。
在庫あるはずなのに店頭補充を手抜きしてるはず。

まぁいいや。

とりあえず、ストーリーモードをクリアしました。
で感想としては、あそこまで手を抜かれてしまうとどうなんでしょうか。

まぁある意味、やる(プレイヤー)側も、ある意味楽なんですけどね。
でも、なんだろう、やり込む人には、物凄く物足りないんだよね。
と言うか、ほぼ全キャラを通過する一本道のストーリーって、ここのキャラに愛着ある人としては、悲しいよね。
と言うか、それぞれ、本当に終わっているかというとどうなんだろう。
あるキャラの裏として終わってるとは思いますが、それで納得できるかというと違和感です。

もちろん、メインストーリーとしてありだとは思うんですが、だからといって個別のストーリーがないのは、明らかに手抜きだよ。
そういうのが昨今の流行りだとしたら、悲しいね。
ソウルキャリバーは、そう言う意味で、やり込み要素もなかったし何よりも、対戦以外遊べそうもなかったんで速攻売っちゃったけどさ。

こいつどうしよう。

やり込み要素は、毎度のコスチューム集めですが、それほど多くはないようです。

ゲームとしては、難易度は大分調整されているようです。
極端に難しいわけではないし、かと言ってレバガチャだけでは、後半厳しくなってきます。それでも、ある程度、考えて操作をすれば先に進めます。

基本は、上下に打撃を振り分けることです。
ストーリーモードでは、どうしても、使いにくいキャラも使わないといけませんし、シナリオの終盤には、手数勝負の霞を連戦することになります。
でガードで返されることが増えますので、そう言った際に上段中段下段の技を織り交ぜることで、相手をハメ倒せます。もちろん途中で返される場面は出てくるので、そういった場合には、距離をとったり、ガードでしのいだりといったテクニックが必要になります。
ただし、高尚な技は要りません。
上下に技を繰り出せば、相手のガードの裏をかけてダメージを与えることも可能です。
で同じことを繰り返さずにパターンを変えていくことが大事です。
上から攻めたら、次は、足元といった感じです。
3パターンくらいあれば、あとはローテーションになっても問題はほとんどありません。

ただ、連続攻撃によるダメージは、大分減額させられるようですので、時間は、かかりますけどね。
根気さえあれば、わらしのようなヘボでもどうにかなるのですから、頑張りましょう。
スポンサーサイト

テーマ : 格闘ゲーム - ジャンル : ゲーム

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

tricknote

Author:tricknote
FC2ブログへようこそ!

窓口
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
FC2ブックマーク
blogram
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

内緒
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。