スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さてどっちが、自党を売ったのかしらん

法案成立の暁、近いうちに信を問う…3党首合意

おやおや、三党合意しちゃったよ。

一体どんなカラクリなんでしょうかね。

だって自民党は、明確な時期を決めない限りは、合意できないとし、民主党は、解散の時期は、明示できないとしていたわけです。
ここに歩み寄りの余地はないわけです。
それが一転ですか?

民主側からしたら、押し切れたと党内には説明するでしょうし、自民側からしたら、裏取引で時期は決まっているということになるんでしょうか?
これが、時期の明確化が裏でなされているのだとしたら、民主党を総理が売ったことになりますし、逆に期日を決めずに押し切られたのだとしたら、自民党という党の弱腰ということになります。

どっちにしろ、国民を見ない、永田町の論理なのでしょうけど。

これではっきりしたことが一つ、自民党という野党は、今後、何も決めることも満足にできない弱腰の政党ということです。だから、今後も、政権与党にはふさわしくはない政党ということが立証できたということです。
これからも、野党でいるのがふさわしいでしょう。
で、民主党はどうかというと、公約ひとつ満足に守れず、かと言って国民に信を問い直すこともしない、最悪の政党ということです。

もちろん、政府の重みを熟知していなかった未熟な部分はあったでしょう。
予算を組み方も悪いのは仕方ないかったのかもしれませんが、しかし、消費税増税の前には必ず信を問うという話を反故にするのはいかがなものだったんでしょうか?

この国の政治は終わったのかもしれませんね。
これで暴動の起きない国も、なかなか珍しい家畜国家かもしれませんなぁ。



最後に思うのは、信を問い直す政府が、国政の大事を決めて良いのでしょうか?
ねぇ、野田総理大臣、解散するのに決めることを決めるって無責任じゃないかね。
逆に言えば、信任しない内閣の法案に賛成する政党も終わってるってことさ。
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

tricknote

Author:tricknote
FC2ブログへようこそ!

窓口
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
FC2ブックマーク
blogram
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

内緒
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。