FC2ブログ

死亡フラグを確認しました

今日のタイトルに深い意図はありません。

よくある漫画とか、ドラマとか、アニメとかで登場人物に立つアレです。

いや、ちょっとガンダムUCを1話から3話まで、観ててちょうど、3話でフラグが立ったもので。

よく言われる死亡フラグの代表的なモノといえば、戦争モノなんかで脇役がいきなり
「この戦いが終ったら、婚約者と結婚するんだ」とか「告白するんだ」など、お前なんでそんなエピソードを語りだすんだと言う奴です。

なぜ、死亡フラグと言われるかと言うと、そういう事を言った脇役が、よく直後の戦闘で死亡するからなんですが、あれはある意味しょうがないわけです。
要は、その死亡に深い感慨を持たせたり、主人公などのメインのキャラクターの感情を揺り動かしたりするための調味料なわけです。

メインのキャラクターが、それなりの感情を動かすためには、相応の動機付けが必要だけど、だからと言ってメインキャラクターをここで失うわけにも行かない、じゃあどうしようか?
ってそんな時にでてくるのが、脇役キャラクターの存在感を持たせた中キャラ昇格させるのです。

そのための印象付けが、「この作戦が終ったら結婚するんだ」です。

さっきまで端役だった人が、突然時の人になるわけです。
そんな幸せ一直線の人が無残に死んでしまうわけです、その辺の端役ではないわけです。
時には、メインのキャラクターなんかも、その場でお祝いしちゃったりしてるわけですよ、そりゃあ、悲しみも一塩、怒りも湧くってモノです。

ストーリーテラーの人が、話を盛り上げるため、メインキャラクター以外で盛り上げるために一エピソードとまでは行かないけども、印象的な台詞を加えるものの暴露が、所謂死亡フラグ立っちゃいましたなわけです。

もちろん、全てではないけども、多くの場合、なぜかある瞬間出番が急激に増えるとか、印象的な台詞を言い出す、キャラにない行動をとる、と言うものです。
もちろん、メインキャラクターでも、死亡フラグは立ちます。
脇役と違って、もっと大きな意味を持つわけですから、フラグも大きな舞台になりますけどね。

最近ではお約束となりつつあり、それを逆手に取ることも増えましたけどね。
死亡フラグっぽいのを立てて、こいつ死んじゃうのと思わせて生き延びるとか、逆に死んだと思わせるパターンもあります。(ミステリーの場合、死亡フラグで犠牲者の一人に思わせておいて、犯人だったなんて、搦め手は多い→余談だけど、連続殺人事件で、これまであっさりと殺されていた犠牲者の中で一人だけきっちりフラグ立てされる場合は、疑ってみるのも一つ)

こういうのを邪推しながら読むのは、余り良い趣味ではないですけどね。

もちろん、予定調和としてみれば、安心して読めるものではありますけどね。
みなさんは、邪推しながら見る派ですか、素直に見る派ですか?


しかし、なんだ、ガンダムUCアニメ版見ててちゃんと原作小説を読みたくなったのは事実。
スポンサーサイト

テーマ : 今日のつぶやき - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

tricknote

Author:tricknote
FC2ブログへようこそ!

窓口
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
FC2ブックマーク
blogram
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

内緒