FC2ブログ

いじめ

被害届、大津署が受理拒否 大津中2自殺

これって教育委が、調査の結果を公表せず、しかも、いじめと自殺の因果関係も不明との見解なのだそうですが、なんだ、これ、虐めを受けてる人間が自殺しても、虐めが要因ではないとか、そう言い切れる無神経な人間が、教育現場に居ちゃ駄目でしょ。

きっと、「ご家庭に問題が」とか平気で言っちゃうんだろうな。
でないと加害者だけでない損害賠償とか、早々おこさないだろう。

でもでも、この自殺した子、わらしが、思うに教育委がそう言うならば、きっと虐めが原因ではないんだよ。
虐められてることではなく、誰も助けてくれない、というか、教師が、助けないどころか、薄々、共犯のように虐め対策をしなかったこと、つまりは、教育機関に絶望して死んだんだと思うよ。

つまり、教師や学校、教育委こそ、自殺の要因だったとして認定してやるくらいでいいんじゃないでしょうか。

わらしは、基本的に自殺問題は、自殺する人間そのものを肯定しないし、子供の自殺は、学校よりも、家族が支えてあげるべきだという人ではありますが、それでも、教師の落ち度が、今回は大き過ぎだわ。

「自殺の練習」死亡男子へのいじめ 教諭「一緒になって笑っていた」

ありえないでしょ。
というか、何、この教師は、自分の教え子が自殺したと言うのに、虐めがあった事を知らなかった?

知らなかったとしたら、普通の神経してたら、気付いてあげられなかったことに自責の念に駆られるのが当然やろ。
昨今、それほど、一クラス、受け持ち生徒の数なんて多くはないんやし、目が行き届かないことは問題。
把握できないにもほどがある。

知っていて、放置してるなんて教師として失格、どういう神経して未だに教師を続けているのでしょうか?
(それとも、報道されてないけど、精神でも病んで退職でもしたのか?)

また、教育委は、生徒が自殺した事を重く考えて、教員のレベルアップを考えて対策を講じるべきなんだよ。
虐めの事実が確認できたできないではなく、実際、この子供には、何らかの問題が起こって自殺に至ってるわけだから、事実関係の正しい認識と、対策を講じるのが教育者の義務です。

例え、虐めではなく、家庭の問題であったとしても、それを正しく把握し、生徒の悩みに相談に乗って生徒の進む道を導いてあげるのが教育者でしょ。

おいらが思うのは、教育者は、子供を教育する以上、相応の責任を担うものだと思います。
そして、教師は、子供を教育するだけでなく、人生への道標となって指針を示してあげること、時には、未熟な保護者にも保護者としての教育を施すことも、必要だと思います。
つまり、保護者が誤った教育をしていたら諌める、そうする事で教え子を正しく教育していくことができるんじゃないでしょうか?
スポンサーサイト

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

tricknote

Author:tricknote
FC2ブログへようこそ!

窓口
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
FC2ブックマーク
blogram
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

内緒