スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

強権発動か

<一体改革>首相、法案反対認めない考え「党議拘束かかる」

まぁ党代表が、党内で纏め上げた法案であれば、党議拘束をかけることは、否定はしませんけどね。

さてさて、消費税引き上げへの協議ですが、自民も、公明も、足元を見た協議に出てますね。
と言うか、あれ丸呑みするとしたら、もはや、民主党って看板は、なくなると思いますけどね。

何よりも、政権交代を果たしたマニフェストって一体なんなのって感じです。
もちろん、理想と現実は違います。

かの橋下前府知事現市長でも、当選前と当選後で主張が、変遷したことは一度ではきかないほど、多かったです。
それでも、橋下氏の支持率と民主党支持率、野田政権支持率を比較した場合、その変化は、明らかに違います。
何よりも、橋下氏は、考えを変える場合、メディアを利用して多くの言葉を、心変わりの理由を述べております。

つまり説明責任をきちんと果たしているわけです。

では、民主党はどうなのでしょうか?
鳩山元総理も、菅前総理も、最低限、責任を取りました。
野田総理は、説明も曖昧であれば、責任も…
この差は大きいでしょう。

原発の安全宣言も、安全だと言いながら具体的な説明は一切なされません。
消費税法案も、一体改革は、説明もされないままに税率のみが先行しそうです。

具体的な説明をきちんとなされないことには、話にはなりません。

それと党内で決められたことは、税の引き上げだっただけで自民公明の丸呑みをするということは了承されているとは思えないんですが、それでも、党議拘束ですか?

そこまで政治生命というか、党の存在意義すらも掛けることは、許されることなんでしょうか?
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

tricknote

Author:tricknote
FC2ブログへようこそ!

窓口
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
FC2ブックマーク
blogram
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

内緒
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。